ホーム > 生徒作品

APA公募展

「今」の表現が見える広告写真作品と、「未来」の表現を予感させる写真作品のコラボレーションを目指す、新しい公募展。

01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 / 13 / 生徒作品トップへ

Holi Dog

 

APAアワード2012

田形千紘

入選

プロフィール

静岡雙葉学園・龍谷大学卒業。19歳より旅する中で写真に出会う。
2011年イイノメディアプロ入社。APAアワード2012入選。

A girl becomes a Madonna

 

APAアワード2011

プロカメラマンコース本科 波田佳典

入選

COVER GIRL

 

APAアワード2011
写真作品部門

プロカメラマンコース研修科 内藤孝浩

入選

涼の音

 

APAアワード2010

プロカメラマンコース研修科 涌井浩

入選

心の声が届くとき

APAアワード2010

プロカメラマンコース本科 中里知美

入選

台風色の新宿の街

APAアワード2010

プロカメラマンコース本科 石川誠

入選

APAアワード2010

プロカメラマンコース本科 渡辺陽介

入選

脱皮

APAアワード2010
写真作品部門

プロカメラマンコース本科 横山真弓

学生賞

匿名ジャンプ・睡眠ジャンプ

APAアワード2009

プロカメラマンコース本科  春日晃

入選

ありえねえ(扉の向こう)

APAアワード2008

プロカメラマンコース本科  野中博

入選

コメント

公募展を意識して制作した作品では無かったのだが、公募展のテーマに合った作品だと感じたので応募した。
作品は行き着けのバーのマスターが心臓の病で倒れて、大手術の後に復帰した際、快気祝いの意味を込めて撮影したもの。
店の雰囲気を崩さない様にしながら被写体の女性の雰囲気を変える事で、微妙な感じでの、ありそうでありえないシチュエーションを構成した。

感想

私なんかが撮った写真でも評価してくれる人はいるのだという事が判り、一生写真を撮り続けたいという気に益々なりました。

ママへ 〜私たちは、さがしていた〜

APAアワード2007

プロカメラマンコース本科 川島 彩

文部科学大臣賞

コメント

社会問題をテーマにした広告。虐待・自殺・車中に置き去りにされる乳幼児――子どもは愛をさがしています。幼い子の哀しみや寂しさを伝えたいと考えました。

感想

過去の体験や出会いなど、自分を構成する全てのものが集約された写真になったと思います。

届かぬ想い

APAアワード2007

プロカメラマンコース本科 仲宗根

入選

コンセプト

愛がテーマという事で、失恋した想いを、セルフポートレートにしました。

感想

初めてのセルフに挑戦し、何回もやり直しで苦労しました。撮影は、同じ人に3回振られた日でした。(笑)女性の苦い想いを表現しています。自信をつけて、もっと上を目指し、見返します。

現代のミイラ男

第34回APA公募展2006
企業・商品広告部門 文部科学大臣賞

2005年度プロカメラマンコース本科 鮫島雅也

文部科学大臣奨励賞

製作の意図

部屋にころがっている物達。つめきり。はいざら。ざっし。お香。バンドエイド。じゃあそれで。インスピレーションですね。

感想

結果を聞いたときは信じられませんでした。人生ではじめての経験です。本当に信じられませんでした。2位という事が。
本当に足が震えました。イカリで。1位でないのが残念です。

See the World through NEWSWEEK

第34回APA公募展2006
企業・商品広告部門

2005年度プロカメラマンコース本科 相川美穂

部門最高賞

製作の意図

「雑誌『NEWSWEEK』を通して世界を見よう」というコンセプトを直接的にヴィジュア ルで表現しました。この雑誌の特色は国際色で、また読者も人種、国籍を問わないことから、撮影地、モデルを国際色豊かにしました。

感想

色々な場所で各国の友人等に協力してもらい出来上がったこの作品撮りでは、周囲の人に奇怪な眼で見られましたが、 むしろそれを楽しみながら撮影をしました。苦労するどころか、むしろ楽しかった作品作りの結果、入賞することができとても嬉しく思います。

音楽大好き!!

第34回APA公募展2006
商品広告部門 電気製品・精密機械/携帯用ミュージック・プレーヤー

プロカメラマンコース本科2005 岸史彦

奨励賞

CONVERSE☆LIFE
(時代は流れても人とクツは変わらない)

第33回APA公募展2005

プロカメラマンコース本科2004 佐藤薫

入選

I LOVE SWEET!

第32回APA公募展2004
二部門 チョコレートのためのプレゼンテーション

プロカメラマンコース本科2003 千葉光子

文部科学大臣奨励賞 準グランプリ

チョコレートの甘さと恋愛の甘さの両方を自然体のカップル像で表しています。商品がシンプルなため余計なものを削ぎ落としたくてモノクロで撮影しました。好きな人を撮りたい。そして撮るなら自分も一緒に写りたい。そんな自然な感情から生まれた作品です。「1:男性がチョコを食べている/2:女性がチョコを食べている/3:2人がチョコレート味のキスをしている」という構成になっています。
作品は学校の教室で撮影しました。短時間でバタバタした撮影でしたが、いい思い出になりました。今後も心を震わせながら写真を撮り続けていきたいと思います。

共生

第32回APA公募展2004

プロカメラマンコース本科2003 矢口佳代子

新人賞

私は自然も人間も大好きです。だから、仲良く生きていけたらいいなぁとの思いを絵本のように表現しました。少々、恐い世界ですが、愛情たっぷり詰まってます。少し前までデジタルカメラなんて興味がなく、今回の作品もフィルムカメラで撮るつもりでした。でも私が考えたことを実行すると死人がでる可能性があったため、思いきって使ってみることにしました。慣れないデジタルカメラと画像処理に悪戦苦闘し、無我夢中で創った写真達にステキな賞を下さった事大変嬉しく思います。

リサイクル運動

第31回APA公募展2003
第一部門 リサイクル推進のためのプレゼンテーション

プロカメラマンコース本科2002 梅紅(山崎陽子)

グランプリ 経済産業大臣賞

様々な企業が取り組んでいる「リサイクル」を、かわいらしく、ユーモラスに表現するため、誰もが一度は経験があり、どこでも簡単に行える「でんぐり返し」というもので体表現してみた。ちなみにモデルは自分です。私なりに遊んでみました。

漂流する記憶

第31回APA公募展2003
第一部門(公共広告) 環境庁へのプレゼンテーション

プロカメラマンコース本科2002 野田真里

入選

昨年夏マウンテンバイクを撮影しに訪れた幕張で出会った風景。
臨海工業地帯の東京湾を臨む夏の無人の草原は失った記憶の様に海と夏草の匂いの中で一瞬今という時間軸から自分の存在が失われたような気分になった。

グッドモーニング・トマト!

第31回APA公募展2003
第二部門(企業広告) 
トマト農協とカゴメ株式会社のコラボレーションへのプレゼンテーション1

プロカメラマンコース本科2002 野田真里

入選

トマトが大スキな私が愛情を込めて編集したトマト広告。(1)朝の一切れのトマトは元気の素!(2)トマトがもっと食べたくなる!(3)トマトがまるごと食べたくなる!(4)トマトのおいしさをぎゅっと凝縮した新鮮なジュースを召し上がれ!っていう感じで創りました。

正義の味方

第31回APA公募展2003
第一部門
環境循環型のためのプレゼンテーション

プロカメラマンコース本科2002 大辻隆広

入選

自分の周りで起きている出来事を切り取り見つめ直す事が日課である私は、皆の心の中にある「正義の味方」を呼び起こし、小さな事からコツコツと前進していくの代名詞「リサイクル」という身近なテーマを取り上げた。

前のページへもどるページトップへもどる

お問合わせ企業の皆様へよくある質問サイトマッププライバシーポリシー

Copyright(c) 2006 Tokyo Shashin Gakuen. All rights reserved.