ホーム > 講師紹介 > 中野建太

中野建太

「一瞬一瞬を真剣勝負で!」

プロフィール

中野建太 なかのけんた

1980年愛知県生まれ。
大学在学中に西部日刊スポーツの嘱託カメラマンとなり主にプロ野球・大相撲などの取材に奮闘。卒業後上京、松濤スタジオ・アシスタントを経て09年独立。
写真展「やわらかい時間」
ポートレートを中心に雑誌・CDジャケ写など。

中野先生からのメッセージ

写真をはじめたきっかけは?

東京オリンピックポスター・スピッツ「ハチミツ」の写真に感銘して。

やめようと思ったことはありますか?

まだまだ。

写真の楽しさ・難しさは、どんなところですか?

そこにいないと撮れないが、そこにいなくても観て感じ、そして誰でも楽しめる。

写真を撮るときに大切にしていることはなんですか?

『心』 刺激ばかりを追い求める写真が氾濫する現代だから。
『準備』 光、アングル、線、形など写真を構成する部分、機材、体調管理。

最後にプロのカメラマンを目指す方に一言お願いします。

エルンスト・ハース
「写真家にとっては、何ごとも、再びの繰り返しは許されない。
常に新たな道を切り開く創造的な精神をもって、向かっていかねばならない。」
一瞬一瞬を真剣勝負で!

生徒作品

前のページへもどるページトップへもどる

会社概要お問合わせ企業の皆様へよくある質問サイトマッププライバシーポリシー

Copyright(c) 2006 Tokyo Shashin Gakuen. All rights reserved.