ホーム > 講師紹介 > 太田学

太田学

押すだけでは作品にならない難しさがある。

プロフィール

太田学 おおたまなぶ

新藤修一氏師事。現在松濤スクールマネージャー。カメラマンにはイマジネーションが大事だと思う。人が100人いれば100通りのイメージがある。それは言葉を忠実に表現する能力ではなく、言葉を飛躍させるイメージが大事だと思う。しかし、プロにはそのイメージの飛躍を人に伝える力が必要だ。
<主な仕事>キヤノンマーケティングジャパン株式会社、P&G、Gショックなど。

太田先生からのメッセージ

写真をはじめたきっかけは?

広告や映画の世界で将来的にフリーで生きる仕事を探していてその中の1つがカメラマンでした。特に写真が好きで始めたわけではなく押せば商品になるラクちんな商売としカメラマンにあこがれを持ち始めたのがきっかけです。

やめようと思ったことはありますか?

アシスタントの時代は日々の仕事をこなしていく中でも確実にカメラマンになれるとはかぎらないので他の仕事も良いかもと考えました。しかしどの世界でもそれなりのポジションになるまでには時間がかかりますから具体的にやめることを実行にうつそうとは思いませんでした。

写真の楽しさ・難しさは、どんなところですか?

広告の世界では自由な撮影というよりもまず絵ありきなので「自分のオリジナルとは何か?」と考え悩んだこともあります。しかし経験をつんで少しずつまわりがみとめてくれることによって自由度はすこし広くなってきますね。押せば写る簡単さと、押すだけでは作品にならない難しさがあります。

写真を撮るときに大切にしていることはなんですか?

撮影の内容によってちがいますが、お仕事はクォリティー、コスト、チームワークです。カメラマンのBOOKは企画書のようなものなので、作品撮りはクォリティー、オリジナリティー、クライアント重視して撮影します。写真を撮る時は自分1人で撮るのではなくチームワークが大切です。

最後にプロのカメラマンを目指す方に一言お願いします。

自分がプロになりたいと考えて実行にうつせる人とうつせない人がいます。結局は自分のレベルを上げつづけコミュニケーション能力のある人がカメラマンに向くと思います。

生徒作品

前のページへもどるページトップへもどる

会社概要お問合わせ企業の皆様へよくある質問サイトマッププライバシーポリシー

Copyright(c) 2006 Tokyo Shashin Gakuen. All rights reserved.