ホーム > コース紹介 > クリエイティブフォトレッスン

クリエイティブフォトレッスン

「撮る技術」を身につける、
スタジオ撮影で写真力がアップする。

様々な写真表現の世界に挑戦し、撮影のためのフットワークや表現力を身につけていきます。人物・広告・静物・風景など様々な現場のプロカメラマンを講師として迎え、プロならではのアプローチの仕方を伝授して頂きます。はじめてのフォトレッスンやレベルアップフォトレッスンでは、写真撮影をするにあたって最低限必要な技術を身につけますが、クリエイティブフォトレッスンでは、それらの技術を応用して様々な種類の撮影実習を行います。作品を作るということ、ライティングをするということ等、撮影をするにあたってのものの考え方や感性を身につけます。

デジタル一眼受講OK

開講スケジュール

【3ヶ月コース】

※都合により日程やカリキュラム内容が変更となる場合がございますので予めご了承ください。

【拡大表示】

【6ヶ月コース】

※都合により日程やカリキュラム内容が変更となる場合がございますので予めご了承ください。

【拡大表示】

カリキュラム

ロケーション撮影

人物ポートレート/ロケーション撮影

スタジオで光源の読み方を学んだ後、屋外の自由度の低い光を上手く読みモデルの撮影を行います。 あらゆるロケーションを活かし、自然光を味方に撮影します。

人物ライティング

人物ポートレート/スタジオ撮影

人物ポートレート撮影のライティング基礎を勉強していきます。定番ライティングを覚えることで様々な撮影に対応する力を身につけます。

ファッションフォト

ファッションフォト/スタジオ撮影

ヘアメイク・スタイリスト・モデルが参加してのスタジオ実習!実際のファッション雑誌の撮影さながらのクリエイティブな撮影実習です。

ブツ撮りライティング

スティルライティング/スタジオ撮影

「ブツ撮り」とは?静止している物(ブツ)の撮影をさします。実際には時計や香水などをまるで商品カタログのように撮影していきます。

編集者から見たカメラマン

カメラマンと編集、出版業界との関わり

撮影の際にその作品がどういった媒体や形式で掲載されるのかを意識することが大切。カメラマンと出版業界との関係は非常に深いのです。

売り込みの方法について

ブックの作り方/写真の見せ方

自分の作品を出版社などに売り込みに行く!そのためのブックの作り方や作品に込められたメッセージの伝え方など「魅せる」ことを学ぶ。

講評

課題のプレゼンテーションと講評

今までに撮影してきた、スタジオライティングの作品を講評します。何が良くて何が悪かったのかを明確にすることで作品を振り返ります。

※実際のカリキュラムではなく、全レッスンを通して学んでいく内容です。

開講日

2017年7月期

●3ヶ月コース
【土曜朝クラス】
10:30-12:30  2017年7月29日(土)開講

●6ヶ月コース
【木曜夜クラス】
19:00-21:00  2017年7月27日(木)開講

受講料

一括納入
入学金 10,000円  授業料48,000円
施設費10,000円

分割納入
頭金 25,000円
分納金 ( 1回分)¥15,300円×3回
合計70,900円


※修了生は入学金¥10,000-、施設費¥10,000-が免除されます。また分割納入の方は頭金が¥5,000-となります。


毎回いろいろな分野のプロカメラマンをまねいて様々な写真表現に挑戦していきます。風景、ポートレート、スタジオライティング、ファッション、商品撮影、モノクロプリント、スポーツ、報道など、テーマは無限大。あなたの感性を生かすものの考え方を身につけていきます。

振込先口座 みずほ銀行渋谷支店 普通 3474805 写真の学校

Q&A

Q1 授業に出席できない場合はどうすればいいでしょうか?

A1

振替レッスンで同じコースの中で、同じ内容の授業であれば、別の曜日や時間帯へ振替えて受講することができます。急なご予定にも対応できますので、すべての授業が受講しやすい振替レッスンをご利用下さい。
※プロカメラマンコース本科は振替できる授業が指定されます。

Q2 通学している生徒はどんな人が多いですか?

A2

はじめてのフォトレッスン、レベルアップフォトレッスンコースなどは6割〜7割が女性で、クリエイティブフォトレッスン、プロカメラマンコースでは男女同じくらいの割合になります。また年齢層はどのコースも20代の方が多く、つづいて10代、30代の方となります。また40代50代の方も通学されておりますので、幅広い年代の方が一緒に写真を勉強しています。(平成17年度統計より)

Q3 申込の流れを教えてください

A3

受講申込書を記入後、FAXまたはご郵送にて学校宛にお送り下さい。学校ホームページからオンライン申込も可能です。申込後、学校から確認の連絡をさせていただきます。受講料のお振込みはそれから1週間後までです。開講までに必要書類をご郵送しますのでご確認の上、初回授業にいらしてください。その他ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

Q4 写真の技術があまりないのですが・・・

A4

写真に必要なのは、感性と技術です。新しい感性を磨いて写真を撮り続ければ、あなたの写真表現に必要な技術がついてくるはずです。露出やカメラに関する基礎的な知識が身についている方ならば、あとはスタートするだけです。

Q5 他のコースとの大きな違いは何ですか?

A5

テクニックよりもむしろ、クリエイティブな写真表現を追究し、実践していくコースです。業界で活躍している講師陣から、写真の構図、ライティング等のアイディアを学んでいきます。スタジオを使用しての撮影実習も3〜4回あり実践的な授業を行うことで独自のセンスを磨いていきます。

生徒の声

高橋洋一さん

クリエイティブフォトを受講して勉強になったことは、プロの先生方の体験談や仕事の内容等を話して頂いたことです。撮影に取り組む姿勢や準備、写真をレベルアップするための心構えを教えて頂きました。スタジオ撮影ではプロの仕事の速さに驚きながらも、積極的に参加することによってセッティングの勉強もできました。お陰様で卒業後すぐに専門誌の表紙や雑誌等に写真を載せて頂きました。今後もプロになることを目標に努力をしていきたいと思います。

池田邦彦さん

レンズで捉えた事象を「写真」として構成する。フィルムには光を映し込み、印画紙には影を浮かび上がらせる。光と影が絢爛に美しさを放つ自分だけの世界を構築する喜びに触れた時、初めて「写真」が理解できたような気がします。しっかりしたスタッフとすばらしい設備を誇るこの学校と出逢い、この先「撮るべきモノ」がしっかりと見えてきました。

坂内武秋さん

はじめてフォトでの楽しい時間はあっという間に過ぎ、レベルアップそしてクリエイティブへ進みました。レベルアップは、はじめてフォトからの継続者も多く楽しい雰囲気でした。更に詳しいライティングやモノクロプリントも体験でき、自分の写真の腕前もレベルアップしたように思います。先生方がおっしゃっていた「とにかく写真を撮り続けなさい」という意味も最近やっと分かってきました。今では仕事で作るカタログの撮影クレジットに自分の名前が光り輝いています。これも写真の学校の先生方のおかげです。今は写真がとても楽しいです。

高橋淳司さん

私が学校で学んだことは、カメラの知識はもちろん、実際の撮影スタジオで使われている機材の使い方、現在カメラマンとして活躍されている方々からのお話など。本当に多くのことを学ぶことが出来ました。それら全てが、私のフォトグラファーへの道の大きな財産になっています。学ぶことはどこでもできます。しかし、それをどこで学ぶかが大切なのではないでしょうか。

高橋伸枝さん

学園の最大の魅力はカメラマンになるには知識として何が必要 か、また今後どのようにしていけばいいのかという現実的問題が明確になる点だと思います。レベルアップとクリエイティブを同時受講することで機材などの基 本と表現について短期間で学ぶことができ、色々なジャンルの プロカメラマンのとても個性的な先生方、多くの仲間と出会うことができました。現在カメラマンアシスタントとしてスタートし、色々 な学校での出会いに感謝しています。

生徒作品

前のページへもどるページトップへもどる

会社概要お問合わせ企業の皆様へよくある質問サイトマッププライバシーポリシー

Copyright(c) 2006 Tokyo Shashin Gakuen. All rights reserved.